【本】

【お金】

【映画】「バフェットになりたい!」人は必ず観ておきたい作品

投資の神様、あるいはオマハの賢人として知られる、ウォーレン・バフェットの人生を描いたドキュメンタリー作品についてです。
教養

【本】中米産のカカオから生まれたチョコレート 産業革命と貧困問題について

人びとを魅了し続けるチョコレート。その原料であるカカオは、もともと中米を原産地とするもの。当時、飲み物や薬として服用されていたカカオは、産業革命の結果、新たな食べ物へと生まれ変わり、そして、貧困などの社会問題を生むことへ。
教養

【生活】なぜ人間の能力に差が生じるのか 先天的か、あるいは後天的か

人間には、それぞれ能力に差異があります。これは、人びとに生物学的な差異があるわけではなく、人びとのおかれた環境に差異があるためです。本記事では、歴史的に、なぜ富める地域とそうでない地域が生じたのかについて、5つのキーワードをもとにたどっていきます。
【本】

【生活】狩猟的、もしくは農耕的な生き方について

生き方のスタイルに関する雑記です。日本は古来より、狩猟的な様式と農耕的な様式が混在することで、独自の文化圏を形成してきました。この2つの異質性を個に取り入れることで、一風変わった人間の形成を目指しましょう。
教養

【本】『コーヒーが廻り世界史が廻る』近代社会はコーヒーによってつくられた?

コーヒー好きは必見!アフリカを原産とするコーヒーは、世界に多くの影響を与えました。本記事では、書籍『コーヒーが廻り世界史が廻る-近代市民社会の黒い血液』について紹介します。
教養

【本】「幸せをつかむ」ために自分の価値観を大切にしよう

幸せをつかむためのポイントは3つです。まず、他人に同調せず、自分の価値基準を大切にすること。次に、モノがもつ情報をよりよく理解(消費)すること。そして、結果よりも過程を重視すること。
教養

【本】『世界をダメにした10の経済学-ケインズからピケティまで-』関美和訳、日本経済新聞出版社、2019

ビョルン・ヴァフルロース『世界をダメにした10の経済学-ケインズからピケティまで-』のまとめ。ケインズ以後の経済学と世界の経済を振り返ってみよう。
教養

【本】エミリー・ブロンテ『嵐が丘』鴻巣友季子訳、新潮文庫、2003

本記事では、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』鴻巣友季子訳、新潮文庫、2003のあらすじと内容について紹介しています。
英語

【英語】何度も読みたい文学 グレート・ギャツビーより

文学で学ぶ英語!本記事では、アメリカ文学を代表する作家、スコット・フィッツジェラルドの名作『グレート・ギャツビー(The Great Gatby)』のチャプター9より、何度も読み返したい英文とその英訳を紹介しています。
教養

【本】ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』とは?あらすじと内容について紹介

本記事では、ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』福田恆存訳、新潮文庫1969のあらすじと内容について紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました