【英語NEWS】あなたは培養肉を食べますか?世界初 シンガポール政府が承認

英語

こんにちは。ダチョウです!

『5分で読める、海外ニュース』です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

シンガポール政府が、培養肉の国内流通を承認したで。世界初!

元記事は、CNN ” Singapore becomes first country to approve lab-grown meat, december 2, 2020″ より

本記事のポイント

・シンガポール政府が培養肉の国内流通を承認
・培養肉を製造するのはアメリカの新興企業イート・ジャスト
・非動物性食品が注目されている

Singapore has granted San Francisco start-up Eat Just Inc. regulatory approval to sell its laboratory-grown chicken in the city-state — the world’s first government to allow the sale of cultured meat.

CNN december 2, 2020
英訳

シンガポールは、サンフランシスコに本社をおく新興企業であるイート・ジャストに、国内において実験室で培養された鶏肉を販売することを正式に承認した。同国は、培養肉の販売を認めた世界初の国家である。

 今回、シンガポール食品庁が認可した培養肉は、鳥の細胞から作られています。一口サイズのチキン・ナゲットを想像してみてください。この培養肉は、まず始めに、シンガポール国内の
レストランに導入されるとのことです。ゆくゆくは、家庭の食卓や小売販売ベースへと販路を拡大していくようです。

 この培養肉はどうやって作られているのでしょうか?

The cultured meat is created in a bioreactor — an apparatus in which a biological reaction or change takes place –. It has a high protein content and is a rich source of minerals.

CNN december 2, 2020
英訳

培養肉は、バイオリアクターによって作られる。バイオリアクターとは、生物学的反応(固定化酵素や微生物を触媒として)、または変化(物質の分解や合成)が生じる装置のこと。この肉は、タンパク質含有率が高く、ミネラル分を多く含む。

 国連の統計によると、世界の人口は、今世紀末までに、100億人に到達するといわれています。食の安全保障は、人類が直面する問題の一つです。培養肉は、人類の救世主になってくれそうですね。おまけに、栄養価が高いなんて!

 この培養肉を製造するイート・ジャスト(Eat Just)は、現在のところ、シンガポールと北カリフォルニアにある実験室で肉の培養をおこなっています。今後は、鳥だけでなく、牛の培養肉の製造も手がけ、アメリカや西ヨーロッパ市場も視野に入れているようです。

 昨今、さまざまな理由から、動物を由来とする食品を避ける動きがありますね。

We’ve been eating meat for many hundreds, thousands of years, always needing to kill an animal to eat — until now.

CNN december 2, 2020
英訳

人類は、数百年、数千年もの間、肉を摂取するために、常に動物を屠殺する必要があった。そして現在においても。

 イート・ジャスト社は、ジャスト・エッグ(Just Egg:豆を成分とする卵)のように、動物を由来としない製品を複数展開しています。これからますます、植物由来の食品が注目を浴びそうですね。

単語まとめ
・grant:許す、認める
・start-up:発足
・regulatory:規定する
・approval:同意、許可
・laboratory:実験室
・cultured meat:培養肉
・bioreactor:バイオリアクター
・protein:タンパク質
・mireral:ミネラル分
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

ダチョウの肉を主成分とする培養肉も作ってほしいな!

タイトルとURLをコピーしました