【英語NEWS】インド市場に目を向けよう Wendy’sがクラウドキッチンを展開中

英語

こんにちは。ダチョウです!

『5分で読める、海外ニュース』です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

ウェンディーズが、インド市場に大きな期待を!

元記事は、CNN “Wendy’s is placing a much bigger bet on India, December 2, 2020” より

本記事のポイント

・Wendy’sがインド市場でクラウドキッチンを大幅展開
・従来型店舗と共に相乗効果を目指す
・今後、世界のクラウドキッチン市場規模は拡大していく

US fast food chain Wendy’s is ramping up its presence in India, saying it plans to have 400 cloud kitchens and traditional restaurants across the country in the next decade.

CNN December 2, 2020
英訳

アメリカのファーストフードチェーン店のウェンディーズは、インドでの存在感を高めることに力を注いでいる。今後10年間で、インド国内にクラウドキッチンおよび伝統的なレストランを400店舗展開する予定だ。

 ハンバーガーを中心に飲食チェーン店を展開するウェンディーズ(Wendy’s)は、インド市場において大幅に事業を展開する予定です。ビジネスパートナーとなるのは、シエラ・ネバタ(Sierra Nevada)と、ムンバイに拠点おくレーベル・フード(Rebel Foods)です。

 レーベル・フードは、インドに本社を有し、インドネシアやアラブにおいて事業を展開するオンライン飲食産業です。現在、ゴールドマン・サックスを後ろ盾に、インドで300店舗以上のクラウドキッチンを展開しています。

 クラウドキッチンの需要は、2020年3月に起きた新型コロナウイルスの感染拡大を機に、非常に高まりました。クラウドキッチンの市場規模は、2027年にかけて1,000億円に及ぶと見積もられています。

Cloud kitchens — also known as ghost kitchens or dark kitchens — are facilities that produce food solely for home delivery. Because they don’t need to attract passing dine-in customers, they are often located in buildings that charge lower rents than restaurants.

CNN December 2, 2020
英訳

クラウドキッチン – ゴーストキッチンまたはダークキッチンとしても知られている – は、宅配専用に食品を作る施設である。クラウドキッチンは、レストランのように通りすがりの顧客を呼び込む必要がないので、賃貸料が比較的安いテナントに拠点をおいている。

 ウェンディーズがインド市場に参入したのは、2015年です。展開予定の400店舗の内訳は、クラウドキッチン250店舗とレストラン150店舗です。この2つの事業展開で相乗効果を狙います。

 ちなみに、アメリカの巨大ハンバーガーチェーン店といえばマクドナルドですよね。同社は、1996年からインド市場に参入しています。現在、インド国内で400店舗以上を展開しています。

単語まとめ
・ramp up:〜を強化する
・plan to:〜する予定

・facility:施設
・solely:単独で
・dine-in:外食の
・be located in:〜に位置する
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

2100年にかけて、インドの経済規模は爆発していく。インド市場にしっかりとアンテナを張っておこう。

タイトルとURLをコピーしました