【英語NEWS】世界経済はいまだに低迷したまま?今後も回復の兆しはなし

英語

こんにちは。ダチョウです!

『5分で読める、海外ニュース』です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

新型コロナウイルス感染拡大第2波の訪れによって、世界経済がさらに失速しているとIMFが警鐘を鳴らしているで。

元記事は、BBC “IMF: Economy ‘losing momentum’ amid virus second wave, 20 November 2020” より

本記事のポイント

・新型コロナウイルス感染拡大の第2波により、世界経済はさらに失速。
・金融市場は回復を見せたが、実体経済に回復の兆しはなし。

世界経済はいまだに低迷している?

The global economic recovery may be losing momentum as coronavirus infections surge again, the International Monetary Fund has warned.

BBC 20 November 2020
英訳

新型コロナウイルスの感染拡大が再燃するにつれて、世界経済の回復は、勢いを失っている、と国際通貨基金は警鐘を鳴らした。

 世界中で、新型コロナウイルスの感染がさらに広まっています。それに伴い、各国は、ロックダウンのような、何らかの社会的制限をもうけています。そのような制限が今後も続く限り、経済成長はさらに減速すると考えられます。

 IMFによると、今年の世界の経済成長率は、4.4%落ち込んだとのことです。この数字は、1930年の世界恐慌以来、最もよろしくない記録です。

 ※IMF(International Monetary Fund):国際通貨基金 

単語まとめ
・momentum:勢い、運動量
・infection:感染
・surge:波のように押し寄せる
・warn:警鐘を鳴らす

回復の兆しはない?

It said that a disconnect between financial markets and real economic activity poses risks to financial stability, while higher debt levels may make future investments more difficult.

BBC 20 November 2020
英訳

金融市場(活況)と実際の経済活動(不況)の間にある隔たりは、金融の安定性に危機をもたらす。さらに、政府が抱える多額の負債は、将来の投資をより困難にさせる。

 これまで、世界中でたくさんの雇用が失われてきましたが、11月に入り、日本、米国、ユーロ圏の景気は、強い回復の兆しを見せました。日本に関しては、日経平均株価が、バブル崩壊後最高の数字である、26,000円台をマークしました。また、アメリカに関しては、S&P500種が、3600ドルを上回る過去最高の数字をマークしました。

 金融市場が脹らんでいる理由として、一つは、アメリカ大統領選が一段落したことです。もう一つは、米国ファイザー社が、新型コロナウイルスのワクチンを開発したということです。このことで、普段の生活様式に戻れるという期待感が一気に高まりました。

 さらに理由を付け加えると、世界中の政府がこれまで感染症対策のために投じた巨額の資金が、金融市場に流れているということです。世界中で、企業や失業者への支援のために、約1,200兆円の資金が投じられてきました。

 各国政府の借金は脹らむばかりです。一方、金融市場における期待値は高まっています。これは危機的状況だといえます。ワクチンが開発されたからといって楽観的にならず(安全性が定かではありませんね)、今後起きるであろう何らかのリスクへの備えが必要かもしれません。

単語まとめ
・disconnect:断絶
・pose:〜と見せかける、もたらす
・stability:安定
・debt:債務
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

近い将来、通貨価値を下げるデノミネーションが起きるかもよ。いやまさか。現在、国家が抱える負債の状況は、戦後日本のそれと類似している。戦後日本は、新円切替を行って、戦前の通貨価値を無価値にしてしまった。政府は、ハイパーインフレを起こして、負債を一気に吹き飛ばすことができる。戦後、資産をキープできたのは、現金を土地や株式にかえていた人たちだ。さぁてお金をうまく分散投資しとこうか。金とか、そうゴールド。

タイトルとURLをコピーしました