【英語NEWS】アジアに世界最大の経済圏が誕生 インドは不参加 誰が特するのか

英語

こんにちは。ダチョウです!

『5分で読める、海外ニュース』です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

アジア太平洋地域に、世界最大の貿易圏が形成されたで。

元記事は、BBC “RCEP: Asia-Pacific countries form world’s largest trading bloc, 16 November 2020” より

本記事のポイント

・アジアに世界最大の経済圏が誕生。
・インドはこの経済圏に不参加。
・恩恵を受けるのは中国、日本、韓国。

RCEPとは?

Fifteen countries have formed the world’s largest trading bloc, covering nearly a third of the global economy. The pact is seen as an extension of China’s influence in the region.

BBC 16 November 2020
英訳

アジアの15カ国が、世界最大の貿易圏を形成した。これは、世界経済の約3分の1を占める規模である。この協定は、アジア地域における中国の影響力の延長線上にあると見られている。

 2020年11月15日、アジアの15カ国が、東アジア地域包括的経済連携(Regional Comprehensive Economic Partnership ;RCEP)に署名しました。この交渉は2012年に始まりました。

 RCEPは、世界のGDPの29%を占める規模です。これは、NAFTA(アメリカ、メキシコ、カナダにおける経済圏)やEU(ヨーロッパ諸国における経済圏)を上回る規模です。

 近年の中国の影響力は絶大です。中国は、これまで多くのニ国間における貿易協定(bilateral trade agreements)を結んできましたが、地域における多国間での貿易協定(regional multilateral trade pact)への署名は、今回が初めてなのです。  

単語まとめ
・forme:〜を形成する
・pact:協定
・extension:延長
・influence:影響

なぜインドは不参加?

India was also part of the negotiations, but it pulled out last year over concerns that lower tariffs could hurt local producers.

BBC 16 November 2020
英訳

インドも今回の交渉に参加していた。しかし、関税の引き下げが、地域生産者に損害をもたらすことを懸念して、昨年、この交渉から撤退した。

 1つは、中国との問題が上げられます。中国の経済規模は、拡大の一途をたどっています。現在においても、中国の安価な製品が、インド市場に次々と流れ込んできています。インドが、RCEPに加盟したあかつきには、中国製品の流入に拍車がかかり、インドの地域経済が危機にさらされてしまいます。

 もう1つは、医薬品における特許・知的財産権の問題です。インドは、医薬品大国であり、後発医薬品(ジェネリック)をたくさん生産しています。この恩恵を受けているのは、生産国であるインドはもちろんのこと、安価な後発医薬品を仕入れる途上国なのです。もし、インドがRCEPに加盟した場合、インドの収益は減少し、さらには、途上国の医薬品へのアクセスが遮断されてしまいます。これは、マラリアやエイズなどの病気をかかえる途上国にとって大変なことなのです。

単語まとめ
・negotiation:交渉
・pull out:撤退する、身を引く
・tariff:関税

どの国が特をするのか?

Some analysts think the deal is likely to benefit China, Japan and South Korea more than other member states. The economic benefits of the deal might only be marginal for South East Asia.

BBC 16 November 2020
英訳

一部のアナリストは、今回の取引は、中国、日本、そして韓国にとって有利なものであり、その他の国には恩恵をもたらさないだろうと考えている。この取引による経済的恩恵は、おそらく東南アジアにとってごくわずかなものとなるだろう。

単語まとめ
・analyst:分析家
・deal:取引
・be likely to:〜しがち
・benefit:〜に恩恵をもたらす
・marginal:最低の、周辺的な
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

まずは、RCEPによって、新型コロナウイルスによって落ち込んだ各国の経済が回復することを願う。

タイトルとURLをコピーしました