【英語NEWS】再生可能エネルギーにお金が集まる?ESG投資に注目しよう

英語

こんにちは。ダチョウです!

『5分で読める、海外ニュース』です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

2020年の間でソーラーパネルを扱う会社の株価が300%も跳ね上がったで。

元記事は、CNN “This solar company’s stock has spiked 300% in 2020. Here’s why, November 3, 2020” より

本記事のポイント

・再生可能エネルギー企業の株価が急上昇。
・投資家は、ESG投資を重視。
・環境への取り組みにお金が集まる。

ソーラーパネル株が急上昇?

After years of being shunned, solar stocks are suddenly all the rage on Wall Street. Sunrun, America’s largest rooftop solar company, has spiked more than 300% so far this year.

CNN November 3, 2020
英訳

ウォール街で長い間避けられてきた太陽光関連の株式に、突如として注目が集まった。アメリカで最大規模を誇る住宅用太陽エネルギーの開発・販売を手がけるサンラン社は、今年1年の間に、その株価が300%以上急上昇した。

 サンラン(sunrun)は、アメリカにある再生可能エネルギー装置の開発と販売を手がける会社です。設立は2007年です。主に、住宅所有者にソーラーパネルのリース契約と電力購入契約を展開しています。

 今年の7月に、サンランは、ビビント・ソーラー(Vivint Solar)の買収を発表しました。ビビント・ソーラーは、サンランに次いで、太陽光パネル業界2位を誇る規模であり、今回の買収でサンランはさらにパワーアップしました。

 その他、再生可能エネルギーを紹介します。

 ファースト・ソーラー(First Solar)。1999年、アリゾナ州にて設立。太陽光を電力に変換するのにはコストがかかります。しかし、同社は、低コストでの変換を可能にする薄型のソーラーパネルの開発に成功しました。

 カナディアン・ソーラー(Canadian Solar)。2001年、カナダ・オンタリオ州にて設立。同社の強みは、世界中にネットワークをもっていることです。南北アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカ、オーストラリア、アジアでソーラーパネルの販売を手がけています。

 あとは、サン・パワー(1985年、カリフォルニア州にて設立)、エンファーズ・エナジー(2006年、カリフォルニア州)、ソーラー・エッジ(2006年、イスラエルにて設立)、ジンコソーラー(2006年、中国・上海にて設立)、ダコ・ニューエナジー(中国に拠点)などがあります。 

単語まとめ
・shun:〜を避ける
・all the rage:盛んに、人気
・rooftop:屋上
・spike:〜を打ちつける

ESG投資を始めよう

Meanwhile investors have been dumping fossil fuel stocks, particularly Big Oil companies, amid the rise of environmental, social and corporate governance (ESG) screens and socially conscious investing.

November 3, 2020
英訳

一方、投資家は、化石燃料の株式、特に大型の石油会社のものを投げ売りしている。そして、環境、社会、企業統治への審査に力を入れ、社会的意識の高い投資を目指している。

 ESGとは、企業の長期的な成長のためには、企業が、「環境・社会・企業統治」という3つの要素を重視して行動すべきだ、という考え方です。そして、その3つの基準をもとに企業を評価して投資を行うことを、ESG投資といいます。

 このESG投資の認知度が高まるにつれて、ますます再生可能エネルギーへの需要が増しています。一方で、従来のエネルギー産業は厳しそうです。例えば、巨大産業会社のゼネラル・エレクトリックは、火力発電事業から撤退し、クリーンエネルギー事業への転換を図っています。

 こちら:GEが火力発電事業から撤退 

 石油事業はどうでしょうか。石油大手のエクソン・モービルの時価総額は、現在、約1,380億ドルです。一方、風力や太陽光に軸を置くエネルギー会社であるネクステラ・エナジーの時価総額は、現在、約1,480億ドルで、エクソン・モービルを追い抜きました。 再生可能エネルギーへの期待がどんどん高まってきています。

単語まとめ
・dump:投げ捨てる
・particularly:特に
・aim:〜を狙う
・conscious:意識的な

環境分野にお金が集まる?

It’s brought more money into the ecosystem.

November 3, 2020

 21世紀の最重要課題の一つに、気候変動があります。気候変動を放置しておくと、私たちの生活が危機にさらされてしまいます。
 こちら:気候変動への解決策は炭素にあり?

 炭素をコントロールする制度は大切です。例えば、グーグルはカーボン・フットプリントをなくし、植林活動に積極的です。
 こちら:グーグルの環境対策とは?

 イギリスでは、森林伐採を禁じる動きがあります。
 こちら:小規模農家の生活はどうなるのか?

 アメリカでは、車の通行量を減らす街路空間づくりが進んでいます。
 こちら:これからの都市デザインとシェアリングサービスとは?

 スターバックスは、プラスチック量を削減する容器開発をおこなっています。
 こちら:スターバックスの環境への取り組みとは?

 原油価格は低迷しています。
 こちら:原油価格が暴落 回復の見込みはあるのか?

 最後に、CDPについて触れておきます。
 CDP(Carbon Disclosure Project)とは、世界の機関投資家が、企業に対して、気候変動への戦略やCO2の排出量に関する開示を求めるプロジェクトのことです。ESG投資の基準になる格付けです。毎年公表されています。最新のランキングから、全部門でトリプルAを取得した企業が6社あります。
 こちら:21世紀に求められる企業とは?

ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

ダチョウは地球に優しい生き物だ。

タイトルとURLをコピーしました