【英語NEWS】賃貸の支払い猶予期間の延期 年金制度にさらなる打撃か?

英語

こんにちは。ダチョウです!

「5分で読める、海外ニュース」です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

イギリス政府が賃貸の支払い猶予期間を延期したで。年金や個人の貯蓄が危ないんちゃうん

元記事は、BBC “Business rent holiday extension ‘will hit pension schemes, 16 September 2020” より

本記事のポイント

・イギリス政府は、コロナウイルス対策として、家賃の支払い猶予期間をさらに延期。
・この動きは、小売業者やレストラン経営者にとっては歓迎される。
・しかし、商業用不動産の賃貸収入の減少は、年金制度に打撃を与える。

家賃の支払い猶予期間をさらに延期?

In April the government announced a moratorium on evictions for non-payment of rent, which was then extended until 30 September. On Wednesday the government extended the scheme again until the end of 2020.

BBC 16 September 2020
英訳

4月に政府は、家賃の未払いによる立ち退きの支払い猶予期間を9月30日まで引き延ばすと公表していた。今月の水曜になって、政府はその支払い猶予期間を2020年末まで引き延ばした。

単語まとめ
・announce:〜を公表する
・moratorium:支払い猶予
・eviction:立ち退き
・extend:〜を延期する
・scheme:制度

メリットとは?

The move was welcomed by many retailers and restaurants businesses, which have been hit hard by a decline in footfall. The sector still faces huge challenges but removing the immediate threat of eviction will save thousands of restaurants from bankruptcy.

BBC 16 September 2020
英訳

家賃支払い猶予期間の延期は、客足の低迷による打撃を直に受けている多くの小売業者やレストラン経営者に歓迎された。それらの業種は、依然として大きな課題に直面しているが、立ち退きという差し迫った脅威を取り除くことは、何千ものレストランが破産に陥ってしまうことから救ってくれるだろう。

単語まとめ
・retailer: 小売業者
・decline:減少
・footfall:客足
・challenge:課題
・immediate:直接の、即座の
・threat:脅威
・bankruptcy:破産

デメリットとは?

The scale of pensions schemes investment in commercial property is “enormous”. pension schemes typically invest between 10% and 12% of their funds in commercial property. Savers also invest in property through Individual Savings Accounts (ISAs).

BBC 16 September 2020
英訳

商業用不動産に対する年金制度の投資規模は、「莫大」である。年金制度は、基本的に資金の10%〜12%の割合を商業用不動産に投資している。また、貯蓄者にいたっても、個人口座を通して不動産に投資している。

 商業用不動産の賃貸収入が減少することは、国民の年金や個人の貯蓄を減少させることにつながります。
 賃貸の支払い能力がある企業が、この支払い猶予制度を利用していることも賃貸収入の減少に追い打ちをかけます。
 賃貸収入の減少は、商業用不動産業のローンの支払いを滞らせます。そのことは銀行が融資を渋ることにつながり、負の連鎖が拡大していきます。

単語まとめ
・scale:規模
・pension:年金
・investment:投資
・commercial:商業の
・property:財産、土地
・enormous:巨大な
・typically:基本的に
・fund:資金、基金
・saver:貯蓄者
・individual:個人的な
・saving account:口座
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

貸し主に対する政府の家賃支援も必要かもしれない

タイトルとURLをコピーしました