【英語NEWS】スターバックスがシッピーカップを導入 リソース・ポジティブへの第一歩

英語

こんにちは。ダチョウです!

「5分で読める、海外ニュース」です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

スターバックスがついにストローを廃止して、ストローなしのふたを導入するで

元記事は、CNN ” Starbucks has officially abandoned straws in favor of sippy cup lids … well, mostly, September 10 2020″ より

本記事のポイント

・スターバックスが北米の店舗で、ストローを使用しないカップを導入する。
・スターバックスが目指す「リソース・ポジティブ」という環境戦略への第一歩。

ついにシッピーカップを導入?

Starbucks is finally ditching straws and ushering in its long-awaited “sippy cup” lids for iced beverages. After announcing in July 2018 that it would begin phasing out plastic straws from all its stores by 2020, the modified plastic lid with a drinking spout is now making its official debut.

CNN September 10 2020
英訳

スターバックスは、ついにストローを廃止し、アイス飲料用に待望の「シッピーカップ(ストローなしで飲料できるカップ)」の導入を告げた。2018年7月に、2020年までに全店舗からプラスチック製のストローを段階的に廃止し始めると公表して以来、改良されたプラスチック製の飲み口が付いているふたは、ついに公式的な第一歩を踏み出す。

 現段階で、フラペチーノやその他のホイップクリームを含む飲料は、従来どおりドーム型のふたにストローを差し込んで飲みます。この場合、プラスチックに代わる素材でできたストローを使用します。

 シッピーカップは、アメリカとカナダの認可された店舗において、今月末を目処に導入される予定です。このカップは、従来のものと比べると、プラスチック成分が9%カットされ、さらにリサイクル可能な素材でできています。

単語まとめ
・ditch:〜を捨てる
・usher in:〜を案内して通す、到来を告げる
・sippy:わずかにすすること
・lid:ふた
・phase out:〜を段階的に廃止する
・modified:修正した
・spout:飲み口
・debut:デビュー、第一歩

ストローは害をもたらす?

Plastic straws can increase ocean pollution and microplastics that can harm marine wildlife. The coffee company says it hopes to eliminate more than 1 billion plastic straws per year. In 2018, a number of cities throughout the United States began banning plastic straws.

CNN September 10 2020
英訳

プラスチック製のストローは、海洋汚染を助長させ、海洋生物に害をもたらすプラスチック粒子を増加させる。年間10億個以上のプラスチック製のストローをなくすことを望んでいるとスターバックスは述べている。2018年から全米のいくつかの都市では、プラスチック製のストローを廃止し始めている。

 2019年にスターバックスが公表した持続可能な報告書によると、同社は、2022年までに100%堆肥可能、かつ再利用可能なカップの開発を目指すとのことです。

単語まとめ
・increase:〜を増加させる
・ocean pollution:海洋汚染
・microplastics:微小なプラスチック粒子
・harm:〜に害を及ぼす
・marine wildlife:海洋生物
・eliminate:〜を排除する
・ban:〜を廃止する

スタバの環境戦略とは?

While Starbucks continues to brew over a greener, more recyclable cup solution for its more than 29,800 stores, the company considers its national rollout of strawless lids as a “significant milestone” in Starbucks becoming a “resource positive company.”

CNN September 10 2020
英訳

スターバックスは、29,800以上の店舗に向けて、より環境に配慮した再利用可能なカップの開発を企てている。同社は、ストローを用いないカップの全国展開を、「リソース・ポジティブ・カンパニー」を目指すスターバックスにとって「極めて画期的な出来事」だとみなす。

 「リソース・ポジティブ」とは、地球環境に配慮した企業行動をしよう、というスターバックスが掲げる環境戦略のことです。

単語まとめ
・brew:起こす、企む
・recyclable:再生可能な
・consider A as B:AをBとみなす
・rollout:製品投入
・significant:重要な
・milestone:画期的な出来事
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

スタバの株価は、現在84.8ドル。わしは長年、第1号店のマグカップを愛用している。

タイトルとURLをコピーしました