【英語NEWS】ニジェール初のNASA科学者 ファジ・マイナとは?

英語

こんにちは。ダチョウです!

「5分で読める、海外ニュース」です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

ニジェールは西アフリカにあって、ナイジェリアの北に位置してるで

元記事は、BBC ” Meet the first Nigerien scientist to work for Nasa, September 8 2020″ より

本記事のポイント

・ニジェール出身の科学者ファジ・マイナは、NASAで働く。
・どのような境遇であっても諦めずに続けていくことが大事。
・様々な経歴の人間が組織に求められる。

アフリカ出身初のNASA科学者とは?

Fadji Maina has become the first scientist from Niger to work for the National Aeronautics and Space Administration (Nasa). The 29-year-old hydrologist earned her PhD in 2016, and joined the world-famous space agency in the US at the end of last month.

September 8 2020
英訳

ファジ・マイナは、ニジェール出身者初のNASAで働く科学者となった。2016年、彼女は29歳にして水文学の博士号を取得し、先月末に、アメリカにある世界で最も有名な政府の宇宙機関に加わった。

 彼女は、ニジェールのジンダーで生まれ育ちました。高校を卒業後、モロッコにあるフェズ大学で学士号、そしてフランスにあるストラスバーグ大学で博士号まで取得しています。彼女の研究は水資源であり、サヘルの干ばつや地域の安全保障などを扱っています。

単語まとめ
・aeronautics:航空学
・administration:管理、行政、当局
・NASA:アメリカ航空宇宙局
・hydrologist:水文学
・earn:稼ぐ、取る
・PhD:博士号
・agency:代理店、政府機関

継続は力なり?

I will say to them to not give up to keep going because everyone would think people from Niger, or a young girl from Niger, would not be able to do this. But just believe in yourself and find an environment that will support you.

September 8 2020
英訳

私は、母国ニジェールやアフリカ全土にいるみんなに諦めずに継続することが大切だと言いたい。おそらく世界中の人々は、ニジェール出身の人間、あるいはニジェール出身の少女には、NASAで科学者として働くことはできないと考えるだろう。けれども、自分を信じること、そして自分を支持してくれる環境を見つけることが大事なんだと。

単語まとめ
・give up:〜を諦める
・keep -ing:〜を継続する
・be able to:〜できる

さまざまな経歴が求められる? 

I think we need to have more people coming from different backgrounds to be able to solve the problems that we are looking at – because different people will have different perspectives.

September 8 2020
英訳

私たちが認識している問題を解決するためには、様々な経歴を有するより多くの人々を集める必要があると私は思う。なぜなら、様々な経歴を持つ人々は、それぞれ独自の視点を持っているからだ。

単語まとめ
・background:背景、経歴
・solve:解決する
・perspective:視点
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

サハラをサバンナに変えてくれ!

タイトルとURLをコピーしました