【英語NEWS】ゴミがファッションに?南アフリカ発のデザイナーとは

英語

こんにちは。ダチョウです!

『5分で読める、海外ニュース』です。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

写真は、2018年にケープタウンで開かれたコレクション。カラフルなドレスやスカートが印象的や。ええなぁ。

本記事は、CNN “scrap to fashion: This South African designer is reusing abandoned fabrics to create menswear, August 28, 2020” より
写真は、CNNのHPより

本記事のポイント

・カテカニ・モレクは、南アフリカのファッション・デザイナー。
・捨てられた生地から新しい衣装を作る。
・持続可能なファッション賞を獲得した。

カテカニ・モレクとは?

 この色とりどりのファッションの担い手は、ファッション・デザイナーのカテカニ・モレク(Katekani Moreku)です。1992年、彼は南アフリカのリンポポ州に生まれました。

 大きくなった彼は、ダーバン工科大学に進学し、ファッションデザインを専攻していました。しかし、彼には生地を購入するのに十分なお金がありませんでした。そこで彼は次のことを思いつくのです。

“I was staying at a student residence, so a lot of students threw away bags and outfits. I’d just collect them or get my friends to collect them, and then I got to work designing and sewing clothes.”

CNN August 28, 2020
英訳

私は、学生寮に住んでいた。多くの学生は、バッグや洋服を捨てていた。私は、それを自分で拾い集めたり、もしくは友人に拾い集めてもらったりした。そしてある時、私はそれらをもとに、洋服をデザインし制作するようになった。

単語まとめ
・throw away:〜を捨てる
・outfit:衣装
・get 0 to:0に〜させる
・get to:〜に達する、〜を得る

どのようなデザイン?

 モレク氏のデザインには、どのようなコンセプトがあるのでしょうか。

“I wanted to make a bold statement. I thought that a man wearing a dress, or a skirt would look interesting and get people talking so I created skirts and dresses for men to wear.”

CNN August 28, 2020
英訳

私は、大胆なものをつくりたかった。ドレスやスカートを着た男性は、人々の興味をそそり、ちまたで噂になる。それで私は男性用のスカートやドレスを制作した。

 このように、元来は男性用から始まりましたが、性別にとらわれず、どのようなクローゼットにも合うようなデザインを探求しているとのことです。ちなみに彼は、2019年に南アフリカで持続可能なファッション賞に輝いています。

単語まとめ
・bold:大胆な 

小さい頃の環境がアイデアを生んだ?

 持続可能な賞に輝いたモレクの発想力は、大学生の時に急に生じたものではありません。

“I come from a small village and most people there are poor. So, reusing a thing is the normal way of life. During celebrations, some of the women in my village could not afford fancy clothes so they improvised and found old fabrics to make new outfits.”

CNN August 28, 2020
英訳

私は小さい村で生まれ育った。村人のほとんどは貧しかった。それで、ものを再利用することは、日常的なことであった。私の村の女性たちは、お祝いの時でさえも、装飾的な洋服を着る余力がなかった。それで新しい衣装を作るために、古い生地を探し出し、なんとか間に合わせに作っていた。

単語のまとめ
・afford:〜する余裕がある
・improvise:〜を即席に作る 
ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

ほしいな!

 

タイトルとURLをコピーしました