【生活】布団をきれいにする方法〜コインランドリーで洗ってみました!〜時間・料金と体験談(写真付き)

子育

こんにちは。ダチョウです!

<br>子<br>ダチョウ


ダチョウ

みんな、布団のお手入れはどうしているのかなあ??
毎日起きたら畳んで収納して、晴れている日には天日干し???

本記事のポイント

この記事では、3年間使った敷布団をコインランドリーで洗った時のことを写真付きでアップしています。布団洗いで悩んでいる方の参考になればと思います。

布団のクリーニング方法

みなさん、お布団は天日干しで管理されていますか?
しかし、せっかく干してもすぐに湿気でペタンコになったり
季節によってはカビや臭い、そしてダニなど気になりませんか?
今年の梅雨は、雨が激しかったこともあり、、、、、
敷布団がみごとにカビてしまいました。

臭いもツーンとして耐えきれなくなり買い替えようと思ったのですが、思い出ある布団だったため捨てずに済む方法を探してみたのです。

☆まず、布団をきれいにする方法として

自宅で洗う

②クリーニング店にお願いする

③コインランドリーで洗う

この3つの選択肢があると思います。

自宅で洗う

まず、自分で洗う方法としては湯船の中にぬるま湯と洗濯用洗剤を入れ、布団を足でフミフミします。そうすると汚れが落ちてくるんです。後は洗い流して、干すだけなのですが、、、、、これがもう本当に大変で。。洗い流しも体力が必要ですし、干す作業なんて、、、洗濯機に入れて脱水ができないので、外に運ぶまでに水がボタボタと下限を知らないくらいに落ちちゃいます。挙げ句の果には、真夏に干しても一日では乾きません。(※布団の種類と分厚さによります)

実は少し前に自宅で洗ったのですが、やはり自分の力ではうまく洗えず不安が残ったまま終了してしまったんですよね。しかも、乾かすのに丸3日はかかりました。

クリーニング店にお願いする

クリーニング店での洗濯については、各店によって値段の差が出てきます。
それなりに値段がする布団なのであれば、お店でお願いすることをオススメします。

なぜなら、自宅やコインランドリーで洗うと生地によっては傷めてしまう可能性があるんです。しかし、専門の業者さんは布団の生地を把握した上でそれにあった洗浄をして下さいます。生地が分からなくても、調べてくれます。そして、業者でしかできない洗浄・乾燥で菌を死滅させてフカフカな状態に蘇らせてくれます。

わざわざクリーニング店に行かなくても、家まで取りにきてくれるサービスもあるので忙しい方やお子さんをお持ちの方には嬉しいですよね。

しかし私ダチョウの使っている布団は、そこまで高額でもなく
もしキレイにならなかったら諦めて買い替えよう!と思えるモノだったのでコインランドリーを選択致しました。では、さっそくみていきましょう!

コインランドリーでの洗濯方法(洗濯可能な素材)

布団洗い可能と書いてあるランドリーを選びましょう。
そして、洗える布団の種類が表示されているので確認してください。
基本的に、

洗濯できるもの
・アクリル系
・羽毛布団
・ポリエステル

洗濯できないもの
・綿布団
・羊毛布団

となっております。では、写真付きで実際の様子をご覧下さい。

体験談(料金・時間/方法)

私ダチョウが洗った布団は、こちらの二枚です。


1枚目の画像の毛布は、中に縫い目がなく綿!という感じの生地です。表示タグが真っ白になってしまい確認することすらできませんでした。

2枚目の生地は、羊毛混敷布団でふとんの皮は綿100%
詰め物は、羊毛50・ポリエステル50、芯ポリエステル100です。

先ほど綿と羊毛は洗濯できないと言いました。
なので正直、綿と羊毛の布団なのでボコボコになって捨てることになるんじゃ・・・と不安を抱えながらだったのですが、とても綺麗に仕上がりました。

おそらく1枚目は、実はポリエステルで
二枚目は、羊毛も入ってはいるが、芯がポリエステルだったために
ボコボコにならずに済んだのではないかと思っています。
なので、完全な綿布団・羊毛布団だと分かっている方はクリーニングをオススメ致します。

料金/時間
私が利用したコインランドリーでは、

洗濯乾燥全自動・・・15kg/1200円/75分
洗濯のみの洗濯機・・・14kg/600円/30分
洗濯のみの洗濯機・・・20kg/800円/30分

乾燥機・・・15kg/100円/8分でした。

1枚目の布団を洗濯のみ・・・20kg/800円/30分
+乾燥機・・・15kg/100円/8分

2枚目の布団を洗濯乾燥全自動
15kg/1200円/75分で洗いました。

しかし、1枚目は分厚かったため、乾燥機に5回かける必要がありました。よって、合計1300円/70分かかりました。

2枚目も少し湿っていたため一度乾燥機を利用しました。
よって、合計1300円/83分かかりました。

ランドリーの大きさや性能によって時間は異なるため料金や時間には余裕を持っておいたほうがよいと思います。

方法
洗い方は機械によって異なるのですが、ここでは洗剤・柔軟剤が自動投入だったので、お金を入れてからすることはありませんでした。
洗剤・柔軟剤が必要な所もあるので、行く前にご確認下さい。

そして、布団のわた崩れを防ぐ為に布団を巻いて紐でくくってから入れる方法もあるようです。わたしは、小さめのドラムを選んでそのまま突っ込みましたが、不安な方は巻いた方が安心だと思います。

注意
お金を入れる前に洗剤などの説明を読み、洗濯コースを選択してからお金を入れて下さい。私は、お金を入れてからコースを選ぶものだと勘違いし、お金と時間を無駄にするところでした。(幸運なことに、前に使っていた方と同じコースだったので大丈夫でした笑)

☆では、見て下さい!☆
あんなにペタンコだった布団がフワフワに膨らみました。
カビや変な臭いもなく、とても満足いく仕上がりとなりました!

まとめ

予算を少なく、かつきれいにカビやダニの死骸を洗浄し、高熱乾燥菌を死滅させたい場合は、コインランドリーをオススメします!とっても簡単で気持ちいい仕上がりになります!しかし、洗えない素材の場合やコインランドリーまで行くのが大変な方は業者に頼ったほうがいいですね!また、布団を毎日キレイにフカフカで保つために布団乾燥機も良いですよね!これについては、また書かせていただきますのでお楽しみに!

ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

敷布団がキレイになってよかったよかった。一件落着じゃ!

タイトルとURLをコピーしました