【英語】「比較」とは何か?使い方を分かりやすく解説

英語

比較とは、形容詞や副詞を用いて、その性質・状態・数量などの程度を表し比較する語形の変化のことをいう。つまり、2つ以上の何かを比べたい時に使う表現方法である。

1-1. 比較とは(基本から学びたい方へ)       

比較変化には、原級・比較級・最上級の3つが存在する。

形容詞や副詞が変化せずに、そのままの形の時を原級といい、
2つの何かを比べる時に用いるのが比較級
そして3つ以上の何かの中で、最も位が高いものを示す形を最上級という。

〈-er,-est型〉
基本的には、比較級には形容詞・副詞の後に-erを、最上級には-estを付け加える。

比較級の場合bigbigger
最上級の場合bigbiggest
比較級の場合smartsmarter
最上級の場合smartsmartest

ヒント
時間が遅い「late」は、later/latestだけど、
順序が遅い「late」は、latter/lastだから気をつけてね!

☆注意
yで終わる語の場合は、yをiに変えて-ier,-iestにするよ。
heavy → heavier → heaviest

〈more-,most-型〉
しかし、beautifulなど2音節以上の長い語の場合、語の原級の前にmoreを付けmore beautifulのようにして比較を示す。最上級の場合は、mostを付けmost beautifulと示す。

☆注意
bored(退屈な)やpaid(払われた)のような形容詞は、短い音節でできているが、過去分詞由来の形容詞であるため、more-,most-で表す。

×boredborededboredest
boredmore boredmost mored

なるほど!とりあえず、短い単語には、-er,-estを付けて、長い単語にはmore-,most-を付けておけばいいんだね?

うん。簡単でしょ!でも、短い単語でもright(正しい), wrong(間違った)のようにmore-,most-を付ける方が一般的なものもあったりして、実は奥が深いんだよ。

1-2. 不規則変化について

1-1.のように、-er,-estやmore-,most-で表さず、語を完全に変化させて
示すものがある。覚えておこう!

good比較級最上級
wellbetterbest
bad比較級最上級
badlyworseworst
ill
many比較級最上級
muchmoremost
littlelessleast

1-3. 比較変化をしない語

1-1. 1-2. のような比較変化とは違い、比較変化をしない形容詞と副詞がある。
比較とは、2つ以上のものの程度を比較するものであるから、形容詞のonlyやwhole、副詞のalone, simply,hereなどの物の程度の差を示さないような単語は変化させないのである。そのため、形容詞・副詞が全て比較級・最上級にできるということも頭の片隅にでも入れておいてほしい。

2-1. 比較形式(比較文を作ってみよう)

比較の語形変化を覚えたら、後は簡単!!!

〈比較級+than〉で表せばよし!!
Ostriches are bigger than pigeons. 
(ダチョウは鳩よりも大きい)

原級を用いて比較文を作る方法:同等比較〈as 原級 as…
               否定形 〈not as(so) 原級 as…
My father has the smallest head of all people whom I know.
(父の頭は私が知っている人の中で一番小さい)
His head is as small as that of ostriches.
(彼の頭はダチョウと同じくらい小さいのである)

上の文は、最上級を用いて表現してみた。
the smallest で誰よりも父の頭が小さいことを示したのである。その次に、〈as 原級 as…〉構文を使って、父の頭はダチョウと同じくらいであると表現した。

☆ここで注意
His head is as small as that of ostriches.
この青文字thatに注目してほしい。比較級の穴埋め問題でよく出てくるのだが
His head(彼の頭)と比較対象であるA head of ostriches(ダチョウの頭)は文法上そろえる必要がある。そのため、ダチョウのA headの部分をthatで置き換えて表す必要がある。また、これが複数形の場合はthatではなくthoseになることもおさえておこう。


また、このas 原級 as…表現は比較対象物である父の頭とダチョウの頭の程度を密かに私たちに連想させようとしているのである。

つまり、誰よりも父の頭が小さいということだけでなく、誰もが知っているであろうダチョウの小さな頭と比べても、同じくらい小さいんだよ!と念を押して伝えているのである。

雑談 実際、「ダチョウの頭は小さいから馬鹿だ。」と言われることがある。(脳みそが小さいという理由であろう)私の小さな豆知識ではあるが、ダチョウに黒い袋を被せると全く動かなくなるらしい。それは、暗闇に怯えて動けなくなるのではなく、ただ単に夜が来たと勘違いして停止するのだそうだ。しかし、袋を取ると朝が来たと思って走り出すという。なんとも単純で可愛らしい生物であろうか。。。と、話を戻して

比較表現は、ただ単に形式を覚えて使ってしまうだけでは勿体ない、面白さを秘めているのである。

タイトルとURLをコピーしました