【英語】「時制」完了形とは何か?現在・過去・未来について分かりやすく解説

英語

こんにちは。ダチョウです!

本記事は、完了形についてです。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

念願のダチョウレースにやっと出れたで!成績はビリ… これからも鍛錬を続けようっと。って英語で何て言うん?完了形を使うんやろ?

本記事のポイント

・過去形は、過去のある時点に起きた事実のみを表す。
・現在完了形は、現在を軸に、過去から現在までの間に起こった事実を表す。
・過去完了形は、現在完了形の時間軸を過去へシフトさせたもの。つまり、過去のある時点を軸に、それよりも前からその時点までの間に起こった事実を表す。
・未来完了形は、未来のある時点を軸に、現在からその時点にかけて起こるであることを表す。

それでは見ていきましょう。

完了形とは何か?

完了形は、ある出来事が、
いつからいつまでのことかを表す
文法的な分類のことです。

完了形には、
現在完了
過去完了
未来完了
の3つの種類があります。

考え方は次の通りです。
まず時間軸をつくります。
そして基準点を4つ設けます。

①過去から②過去、
②過去から③現在、
③現在から④未来、

です。

①〜②の間で終わった
ある動作を表すのが過去完了形です。

②〜③の間で終わった
ある動作を表すのが現在完了形です。

③〜④の間で終わった
ある動作を表すのが未来完了形です。

現在完了形とは?(過去の事実+現在の事実)

まず、基本時制ででてきた
過去形のおさらいです。
過去形は、過去のある時点で起きた事実を表すものです。
その事実は、現在とは関係ありません
一方で、現在完了形は、
過去のある時点に起きた事実が、
現在の間にまで起こったことを表すものです。

過去形

過去形は、
過去のある時点で本を読んでおり、
現在はどこで何をしているのか関係ないのです。

現在完了形(have [has] + 過去分詞)

一方、現在完了形は、
過去のある時点で本を読んでおり、
現在にいたるまで
その動作が行われたことを表します。
have+過去分詞で表します。
次のように考えるとイメージしやすいです。

過去に起きた事実を現在までもっている

現在完了形というと、
「完了・結果・経験・継続」
という分類がありますが、
どの分類に該当するのかは、
文の前後関係や文中の特定の語句で判断します。

それでは例文を見ていきましょう。

① 出来事が最近起こり、その動作が完了したことや、その結果の現在の状態
She has already red the african book.
(彼女はすでにそのアフリカの本を読んだ)

already, yet, just, once, nowなどは、出来事や動作の完了を表わすのに使います。

She has just red the african book.
(彼女はちょうどそのアフリカの本を読んだ)

She has once red the african book.
(彼女は一度そのアフリカの本を読んだことがある)

② 現在までの経験
Have you ever been to Africa?
(今までアフリカへ訪れたことはありますか)

ever, never, often, once, beforeなどは、経験の有無を表すのに使います。

③ 現在までの習慣的行為や状態の継続
She has lived in Africa since she was ten years old.
(彼女は10歳の時からアフリカに住んでいる)

since, forなどは、行為や状態の継続を表すのに使います。

過去完了形とは?(大過去の事実+過去の事実)

過去完了形は、
過去のある時点を軸に、
それよりも前(大過去)から
過去のある時点までの間に起こったこと
を表します。
2つの時間にまたがります。
考え方としては、
現在完了形の基準点を
現在かから過去にシフトさせたものです。

過去完了形(had+過去分詞)
① 過去のある時より前の動作・出来事(大過去)
She had gone to Africa when you called her.
(あなたが彼女に電話した時、彼女はアフリカへ行ってしまっていた)

彼女がアフリカへ行ってしまったのは、あなたが彼女に電話をした以前のことです。
つまり、過去のある時(過去)が「電話」という行為で、さらに前に起きたこと(大過去)が「アフリカ渡航」です。

未来完了形とは?(現在の事実+未来に終わるであろう事柄)

未来のある時を基準点にして、
それ以前に終わると予想される事柄を表す。
2つの時間にまたがります。
考え方としては、
現在完了形の基準点を
現在から未来にシフトさせたものです。

未来完了形(will+have+過去分詞)
She will have reached the top of the point at the Mt. Kilimanjyaro by tomorrow.
(彼女は明日までにキリマンジャロ山の頂上に到達しているだろう)

ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

以上で時制の解説を終わります。


ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました