【英語】なぜ英語を学ぶのか?学ぶべき3つの理由

英語

こんにちは。ダチョウです!

本記事は、なぜ英語を学ぶのかについてです。

子<br>ダチョウ

ダチョウ

みんな英語英語うるさいねんけど、英語ってそんなに大事なん?
母国語の方が大事やろ。

本記事のポイント

・英語は世界で多くの人が使用する言語。
・よりよい社会をデザインするには異文化理解が大切。
・世界から仕入れる情報は、新しい価値を生みだす。

英語は世界の共通言語?

 英語は、汎用性の高い言語です。つまり、世界で多くの人が使用する言語が英語です。他言語が必用なのは、今に始まったことではありません。いつの時代も、人々はよりよい生活を送るために、他国と交易をしてきました。その際に必ず、当時の共通言語、あるいは交易国の言語を用いてきました。今は英語の時代なのです。世界を相手にする場合、英語で物事を表現できる力がよりいっそう求められています。

 しかし、あくまでも優先順位は母国語です。言語は、自身の感情や考え、また認識した物事を他者に伝えるための手段です。自分の周りにいる人が何語を使っているのかという視点が大事です。日本社会にいる場合、他言語より、日本語で論理的に話せたり書けたりできる方がもちろんいいです。本末転倒はいけません。

異文化理解が求められる?

 これから世界を相手にする機会が増えていきます。テクノロジーのおかげで世界との距離が縮まったからです。市場を求めて他国の人と取引をするかもしれません。また、国内にいても、国外からの観光客や移住者と触れ合うことがあるかもしれません。その際、その人たちの生活様式や価値観を理解していることが求められます。それは相手に対する最低限の礼儀だという観点からです。もう一つあります。それは、相手の文化に基づいたビジネスプランを作ることで、よりより社会をデザインすることができるからです。

 英語でなくても他国の文化を学ぶことはできます。また最近では、自動翻訳技術が向上してきています。英語は必要ないのではないか、と思いたくなりますが、そういうわけにはいきません。機械が進歩したとしても、人と人との触れ合いはなくなることはないでしょう。

 加えて、私見です。異国の映画やニュースをそのまま理解できたり、異国の人と会話をするのは楽しくないですか?人それぞれですね笑 ダチョウ家族は、そのようなことに楽しみを感じます。異国の人と触れ合ったり、他国の経済や文化を学んでいるとわくわくします。

情報は新しい価値をうむ?

 多くの情報は、新しい価値を生むことにつながります。今の時代、汎用性の高い英語が使えるようになると、人、インターネット、そして本を通して手に入る情報量が、格段と増えます。古来より日本は、異国から仕入れた情報をもとに独自の文化を築いてきました。これからの時代も変わりません。英語を通して、たくさんの情報を浴びれば浴びるほど、新しい発想が生まれてくるのではないでしょうか。そのことは、よりよい生き方を見つけることにもつながるはずです。

ダチョウ<br>先生
ダチョウ
先生

ダチョウはアフリカにいるぞ。ぜひ会いにきてくれ。
※ダチョウ家族は日本にいます

タイトルとURLをコピーしました